口腔内アンモニア測定について

お口の中の口臭の元。
口臭消臭キャンディーLiLIとその他の消臭効果のある商品と比較してみました。

1.口臭の原因とそのメカニズム
口臭のもととされている悪臭成分は、アンモニア、アミン類、硫化水素、メチルメルカプタン、インドールなどであるが、これらは口の中に存在する蛋白質が、同時に数多く生息する細菌の酵素活性により分解された産生物質であるとされている。
2.フィトンチッド入り口臭消臭キャンディーと口臭消臭錠剤との現在市販されている大手メーカーの口臭消臭錠剤との口臭消臭効果の比較
口臭のある者と判定した被験者12名にわれわれが以前より、その有効性を報告しているフィトンチッド入りF-118口臭消臭キャンディー、K社製、R社製およびH社製、K社製、J社製の投与あるいは口腔内で溶解させた前後のアンモニア量を示したのが右図である。
F-118口臭消臭キャンディーが最もその効果が強く、次にK社、R社、K社、J社、H社の順であった。
3.フィトンチッド入り口臭消臭キャンディーと市販の口臭消臭スプレーとの口臭消臭効果の比較
口臭のある者と診断した被験者12名にコントロールとしてのF-118口臭消臭キャンディーとR社製のマウスペットM社製マウススプレーおよびK社製1?2敵液体製品で、それぞれ溶解あるいはスプレー後のアンモニア量の経時的変化を示したのが左図である。

全被験者ともスプレー直後にアンモニア量の低下が認められたが、その後後戻りする傾向が認められ、口臭スプレー2種と他の1種とでは、その効果の後戻りに1時間のずれがあった。

しかしながら、口臭消臭スプレー3種に比べF-118口臭消臭キャンディーの方がその効果が強く、また持続時間も長い傾向が認められた。

4.フィトンチッド入り口臭消臭キャンディーと市販のリンス剤との口臭消臭効果の比較
口臭のある者と診断した被験者に、コントロールとしてのF-118口臭消臭キャンディーと2種類の市販のリンス剤との口臭消臭キャンディーと2種類の市販のリンス剤、すなわち、G社製薬用製品とS社製薬用製品とをそれぞれ口腔内で溶解あるいは、20mlで30秒間リンス後のアンモニア量の経時的な変化を示したのが、右図である。

リンス剤については、両リンス剤ともにリンス直後にアンモニア量の低下が認められその後、後戻り傾向があり、リンス後1時間程度でほとんどもとの値に復していた。

また、F-118口臭消臭キャンディーと両リンス剤を比較した場合、全ての時期ともにF-118口臭消臭キャンディーの方が有意にアンモニア量は低値を示し、その効果が強いことが確認できた。

Leave a Comment

Your comment

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.